福井奈々子さん

 
こんにちは、新アナジクインタビュー第三弾は香川県在住の
福井奈々子さん
(27歳)です。

今回奈々子さんと私は初対面。前回お世話になったシンガーソングライターの莉央さんに奈々子さんを紹介していただきました。

 

 
 
いきなりやってきた怪しい私を奈々子さんはご自宅に招き入れてくれます。
 
現在奈々子さんは旦那さんと5か月になる息子さんとの三人暮らし。
 
 
ふんわりした可愛らしいルックスからは想像がつかない行動派の奈々子さん。
 
大学時代にインドを放浪したなど、興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。
 
 
 
奈々子さんは兵庫県出身
農家への就職を機に香川県に移住してきました。
 

・兵庫県から一人で香川へ


「最初は家族経営されてる農家にお世話になっていました。就職活動になんか馴染めなくて、みんなが就職活動をしている中、大学を休学して海外に行っていました。
インドに行ったときに自然と共に暮らす暮らし方がとてもしっくりきて。」                                  

                     

香川ぐらしスタートは農家の正社員

「香川県で正社員を募集している農家さんがあったので一人で香川県にきました。農作業はとても楽しかったですよ!みなさん優しくて、本当の孫みたいにしていただいて。ただお休みが本当に少なくて、知らない間に疲れがたまっていたみたいです。
 
正社員というプレッシャーもあって、次の新しい方が入ってきてからお仕事を引き継いで退職させていただきました。」
 

そして観光案内所へ

その次の職場は高松市瓦町駅内にあった観光事務所。得意な英語を生かせる仕事がしたくて仕事を始めました。慣れない土地で案内のカンペを作成しながら業務に奮闘します。
「聞かれることは美味しいおうどん屋さんとか、決まっているから何とかお仕事してました。(笑)」
 
頑張り屋の奈々子さん。
ご主人とはどこで知り合ったのだろう。
 

ご主人との出会い

「大学は京都の学校に通っていたんですけど、海外に行くために旅費を自分で貯めようと思って、長野県のホテルでリゾートバイトをしていたんです。
 
その時に出会いました。旦那さんは大阪の人だったけどで同じようにリゾートバイトで長野にいて。旦那さんはなんだか色々な経験をしている人です。私と似ている何かを感じました。」
 
そうしてお付き合いを始めた二人。奈々子さんの中でも変化が起こります。
 
 

そのままの自分を認めてくれる人

 
 
「私は昔から頑張っていないと意味がないとか、働いていないと価値がないとかそういう考えに取りつかれていました。でもそういうの、今はもういいやって思っています。このままの自分をこれからはどんどん出していきたいなって。」
 
「今まで常に何かに追われていたんです。何かしていないと価値がないって思っていたので、今はとても新鮮で。今までは多分枯渇感から焦っていました。でも今はそういうのがなくて、私は私のままで、そのままでその上で何かしたいと思っています。
 
そういう考えになれたのは旦那さんのおかげでもあります。大阪の人ですけど、一緒にこっちに来てくれたし。旦那さんは香川県でやりがいのある仕事について、毎日頑張ってくれています。生き生き働いてる彼を見て、いいなって思うこともありますけど、でも私は無理に自分に合うものを探さなくていいし、私は私のままでいいと思っています。日々の生活に集中したいな。」
 

悩みの時期を抜け、良い具合に力が抜けた奈々子さんは人生の新しいステージに進んでいる。

 
「最近ブログを始めました。私、長い間自分をいじめてて。刃が全部自分に向いてしまうんです。自分なんてこれくらいでいいやって色んな事を許可できていなくて。でも徐々に自分の中で自分って一体何が楽しくて、何が嫌なのか見つめることができてきて。自分の内側を見つめるようになりました。ブログっていいですね。」
 

自分をもっと大切に

自分をもっと大切にしなきゃなって。じゃないと人も大切にできない。これまでは自分のことをいい人だと思いたかったんです。自分が頑張っているから。でも自分が我慢していると、人にも同じレベルの我慢を要求してしまう。旦那さんとの関係性でもそれは感じました。なんでやってくれないの?って思うことがあって、なんでこんなにイライラしちゃうんだろうって考えたら、私が言われてもいないのに我慢しているからだって気付いて。
 
 
旦那さんとの関係をよくするためにも自分をもっと大事にした方が絶対に良いって思ったんですよ。」
 
 
旦那さんは奈々子さんがご飯作りたくないって言ったときに、どういう反応をされますか?
 
旦那さんは逆に無理しないでって言ってくれます。私が頑張って無理してると、やらないでって止めに入るくらい(笑)。
 

今まで私はそれじゃ家が回らへんやんって思ってたんです。でも不思議なことに回るんですよね。ちゃんと。家事をする頻度が少なくなっただけで、またやる気が湧いてきたときにしっかりやるから、ゆるい感じでもやっていけるんだなって。たまに猛烈に掃除したい時が来るんです。(笑)その時を静かに待つ、みたいな(笑)」

 
 
と柔らかい笑顔を見せてくれます。紆余曲折を得てたどり着いた穏やかな生活。そこには奈々子さんのそのままを受け入れてくれる旦那さんの存在が欠かせません。
 
前回インタビューをさせてもらったシンガーソングライターの莉央さんも、奈々子さんにとって大切な存在です。
 

「莉央りんは人のいいところ見つけるのうまいですよね。何に対してもできるよーって言ってくれて、私はそれに何度も救われました。」

 
 
人に感謝することを忘れない奈々子さんの性格がよくわかる一言です。
 
 

振り幅のある人がいい

 

「私は真っ白すぎる人より少しふり幅がある人がいいです。話してて面白いし、安心する。昔はまっすぐ道を外れたことがない人に憧れてて、自分もそうなりたかった。

でも今はそういう肩書みたいなものへのこだわりがなくなってきましたね。私は遠回りしながら道を作るタイプだと思っていて、それでいいと思ってるし、それで生きていけるし、生きてきたし。私はいろんな体験をしていきたいんです。」

 
 

そんな奈々子さんのアナジクは?

 
 
 
 
 
では最後に奈々子さん、あなたの軸アナジクをお伺いします。
 
「うーん、直感、かな。
直感とインスピレーション
 
それで動いてきたし、今まで一本道ではなかったにせよ好きな道のりだったというか。だから直感をもっと磨いていきたいです。今日もミドリさんと話をした中でハッと思ったことがあって、そういうものを大事にしていきたいなと。私はあんまり思考で考えるタイプではないみたいだし、フワフワと言われようがこのままで(笑)。」
 
 
 
奈々子さんとは初対面だったのですが共通の知り合いがいて話に花が咲きました。世間は広いようで狭いですね。
ときおりインタビューの中で「ミドリさんは?」と
私にもこまめに話を振ってくれる優しい奈々子さん。駐車場の心配もしてくれて電話番号も先に教えてくれるし、凄く気が利く女性です。
 
このインタビューの中でも性格が近いものを感じたし、これからもお友達としてもお付き合いさせていただきたいです。(^▽^)
                                                                            最後にインタビュー中お昼寝していた五か月の息子さんを連れてきてくれました。
 
 
 
 
 
か、可愛すぎます♥
また絶対会いに来ますね♡今日は本当にありがとうございました!楽しかったです!
 
 
タカツキミドリ
インタビューに関してのお問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA