発達障害ライター記録【8月自分ノルマ達成】【クラウドソーシングの仕組み】

大人の発達障害お仕事日記・在宅ワーク【webライター】

お疲れ様です。今日はいつもより働きましたー。

朝5時から起きて6時には仕事を始めていたのですが、やはり早起きは三文の徳ですね。私は仕事量もスピードも上がりました。

8月は中旬で体調を崩し仕事を休んでいた時期があったのですが、終盤ラストスパートがうまくいき自分ノルマ達成できました。

自分ノルマなので達成しなくても仕事に支障は出ないのですが、逆に仕事量を自分で調節できるので自分ノルマを課さないと作業をやらなくなってしまうんですよね。

今やってるライターのお仕事は納品本数でカウントされるので、わかりやすくモチベーションがキープできます。

時給制だとどんなに頑張っても、逆にサボっても同じ給料なのでやる気が出ません。というか、一生懸命やってしまうので損した気分になります。

発達障害でつい真面目に頑張りすぎてしまうという方には、出来高制の在宅ライターのお仕事は個人的にすごくおすすめです。

CrowdWorks

私はクラウドソーシングサイトを使ってお仕事をしています。

☆クラウドソーシングの仕組み

クラウドソーシングというのは簡単に言うとサービスを必要としている人と人やアイディアや仕事などを繋げる仕組みのことです。

私のやっているお仕事はとくにスキルもそんなにいらないお仕事なので、とにかくマニュアルを理解してコツコツ作業をやり続けられたらお仕事になります。

登録料がかからないので(クラウドワークスは報酬が発生した場合にだけ売上の中から20%引かれる仕組み)なので自分のお金がマイナスになることはありません。

クラウドソーシングサイトは

私が使っている

CrowdWorks

ライター案件に特化した

仕事をしながらスキルアップ!【サグーワークス】

その他ランサーズなどいろいろな種類があります。

自分に合うクラウドソーシングサービスはその人にしかわからないので、いろいろ使ってみて自分に合うサイトを見つけることをおすすめします。

最初に利用料が必要なサイトは私は個人的におすすめしません。

実態のわからないサイトも中にはあるので気をつけてください。

クラウドソーシングでも一回ごとの契約の仕方もあれば、そこから継続してお仕事を頼まれる場合もあります。

私は継続契約しているので今はどうにか安定してお仕事がある状態ですが、いつどうなるかわからないのは在宅ライターのデメリットです。

ハッキリいうとお仕事の保証はありません。だから常に新しい情報を入れておく必要があります。でもやればやるだけ収入になるのは発達障害(自閉症スペクトラム)で働けなかった私にとって、とても魅力的です。

これからも自分の体調管理とスキルアップ、情報収集を心がけていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA