発達障害ライター【ポートフォリオを作ろう】

発達障害ライター・在宅ワーク

こんにちはタカツキです。

タイトルのポートフォリオという言葉。

ポートフォリオってなんだろう?そう思う方も少なくないと思います。

ポートフォリオとは本来複数の書類をひとまとめにして持ち運べるケースのことです。

Portfolio(ポートフォリオ)とは、日本語に直訳すると「紙ばさみ」「折りかばん」「書類入れ」という意味です。つまり「書類を運ぶためのケース」のことを表し、個々の書類を別々に扱うのではなく、書類全体をひとつの物として扱うという意味を持っています。

引用元・https://mynavi-creator.jp/knowhow/article/what-is-a-portfolio

ライターやデザイナーなどクリエイター業種の人は自分の作品集のことをポートフォリオと呼びます。自分が一体何ができるのかという実績集です。

私も自己紹介ページにて自分のポートフォリオを一部紹介しています。

自己紹介ページに飛ぶ

このポートフォリオはアピールしたい相手によって載せる記事を変えています。

私はクラウドソーシングサービスのCrowdWorks を利用させてもらっているのですが、ここに載せる作品集はまた違った内容を載せています。

これは私にこの新アナジクから直接お仕事を依頼してくれる方と、CrowdWorks からクラウドワーカーとしてお仕事を依頼してくれる方と私に求めている物が違うと思うからです。

私のように直接サイトを作っていなくても、クラウドワークスを利用するならポートフォリオは必要です。プロフィール欄にアピールできる記事を載せておくとスカウトが届きやすくなります。

注意点としては自分の署名記事でないなら、クライアント様に掲載許可を取った方がいいと思います。

今回新しく書いた記事をポートフォリオとして載せていいという許可がおりました。ヒカカクというサイトのコラムを書かせていただいております。気が向いたら見てみて下さい。

 

佐川急便の家財宅急便は安い?料金・費用・梱包方法を徹底解説

らくらく家財宅急便は安い?料金・費用・梱包方法を徹底解説

 

ポートフォリオはマメに更新するようにしています。書ける文章の幅が広がっているので自分でみても面白いからです。

自分の成長が目に見えるポートフォリオ、みなさんも作ってみてはいかがでしょうか。

在宅ワークならクラウドワークス