メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」を読んで

こんにちは、タカツキミドリです。

最近自身のYouTubeチャンネルやニコニコ動画で活躍しているメンタリストDaiGoさんの著書、「人を操る禁断の文章術」を読んでみてどうだったかお話ししていきます。

メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人を操る禁断の文章術 [ メンタリストDaiGo ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/1/24時点)

私はライターのお仕事をしています。高校中退な上、特別に文章の勉強をしてきたわけではありません。なので今勉強しています。

どうせだったら楽しく勉強したいと思い、手に取ったのがこのメンタリストダイゴさんの本です。私はあまり文字の小さくて分厚い本は読みたくありません。たまに読む気になっても最後まで読んでいないことがほとんどです。

そんな根気のない私でもこれは図解が多くサラっと読むことができました。

 

レビュー紹介

この本は結構前に発売された本なのですが、いまだにすごく人気があります。楽天ブックスのレビューを引用すると

メンタリストで有名なDaiGoさんのメンタリズム最終兵器です。
読みやすい わかりやすい 実践しやすいの三拍子がそろってます。
「文章とは、読まれるために書くものではない。行動させるために書くものだ」
この言葉の意味することとは・・・
心理学好きな方から文章上達を願うすべての方にお勧め度100%です。

引用元:https://books.rakuten.co.jp/rb/13094668/

 

 

このレビュー書いた人、プロやろ。

つまりこのレビューのように、品物の紹介→説明→例え→期待させ謎を残しつつ→購入に至らせる。

こういう文章が書けるようになるんです。文章で人を動かすことができるんですね。

ここまでピシッと綺麗な文章を作るのはすぐにはできないかもしれませんが、でも文章って型があって、そこに当てはめていけば意外と書けてしまうものです。

その原理を、この人を操る禁断の文章術 [ メンタリストDaiGo ]は説明してくれています。

私がこの本を読んでやってみたのは、本の要点を図解してくれているページをスマホで撮影して常に意識する方法です。

この本は各章の途中でまとめページを用意してくれています。ここを覚えておくだけでも効果抜群です。私はまだまだこれからですが、人よりちょっとうまい文章を書いてみたいという方にはとてもおすすめだと思います。

 

在宅ライター初心者にもおすすめ

CrowdWorks でライターのお仕事を考えている人にも。今まで文章を書いたことがないという人にこそイチオシです。

 

クラウドワークスは同じ目的を持つ人と人を結びつけるサービスのことで、私はここから主にwebライターのお仕事をいただいています。

登録無料なので気軽に登録だけでも。ただし、成果報酬の20パーセントはサービス利用料として引かれます。しかし報酬がゼロ円なら引かれるものはないです。つまりマイナスにはならない仕組みです。

こういうと怪しいでしょうが、実際にやってみるとわかります。しかしネットで完結できるといっても仕事は仕事です。逆に簡単に稼げるなんていう案件はやめておいた方がいいと思います。

 

クラウドソーシングサイトのリスクについて

案件を受けない方がいいと思うクライアントさんについてはこちらの動画で説明しています。

批判的な内容になってしまっていますが、動画ではここに気を付けていれば大丈夫だろうというポイントについてご紹介しています。私はいい面ばかりではなく、リスクも紹介したいと思っています。

でも必要以上に怖がる必要はありません、ポイントを押さえてぜひ使ってみてください。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

では、ここまで読んでいただいてありがとうございました。また次の記事でお会いしましょうー。

関連記事発達障害在宅ライター【一人でできるwebライターという仕事】

    :発達障害webライター【仕事上で2018年買ってよかったものランキング】