【自閉症スペクトラム】WAIS-Ⅲ結果公開・病院選びのコツ

こんにちは、タカツキです。私は発達障害の一種、自閉症スペクトラムを持っています。今回は私の知能検査の結果と病院選びついて書いていきたいと思います。

現在日本で発達障害を診断する際に使われる知能検査は、田中ビネー式やWAISーⅢ式などがあります。私はどちらも受けているのですが、今回は28歳の時に大学病院で受けたWAIS-Ⅲの検査結果を公開したいと思います。

全検査IQ

私の全検査IQは97です。まったくもって平均。なんなら平均よりちょっと下です。そう、動画でコメントをいただくのですが別に特別頭がいいわけでもなんでもありません。医師からのコメントでも、平均水準と書かれています。ではほかの数値を見ていきましょう。私の検査結果で特徴的なのは、言語理解と作動記憶です。

群指数

言語理解 114

作動記憶 81

知能指数は100を平均として見ていきます。健常者(定型発達)の平均が100という数値なので、この凸凹加減が発達障害といわれる所以です。

普通の見た目と生きづらさの関係

もちろんこの数値以外の生活態度も診断の基準として考慮されているのですが、数値だけ見ても発達障害の特徴をもっていることがわかります。

作動記憶が低いため、聞いたことが記憶に残りにくい傾向があります。しかしその一方で言語能力が高いため、見た目やその場の対応では障害だと気づかれにくいのです。

このアンバランスさが私の生きづらさに繋がっているといえます。

よく私も動画で「普通の人みたい」と言われます。確かに、難しいところですが普通に見てもらえるのは嬉しいです。しかし中には私の障害そのものを疑ってくる方もいます。

発達障害は見た目には全く分からない障害。だからこそ怠けている、甘えているという印象を持つ方もいます。私はこういった見た目ではわからない障害の理解がもう少し進んでほしいと思いました。

以下、検査担当者の見解です。

相手の発言は概ね理解できているものの、言葉通りに捉えやすい傾向がありました。融通の利かなさが見られます。また、物事のとらえ方が個性的でした。周囲の人と着眼点が違い戸惑うことがあるかもしれません。

真面目な方ですが、対人面では不安や混乱が生じやすいタイプと考えられます。ただ言語能力の高さでカバーできている面もあるのではないかと思われました。

服薬について

現在服用している薬についても書いてくれています。

私は現在エビリファイという薬を夜一錠飲んでいます。その他、パニック発作や睡眠がうまく取れない時のためにデパスを頓服薬として処方されています。

現在服用している薬は、不安や混乱を感じやすい面をやわらげてくれているため、続けておいた方がよいことをお伝えします。

昔は薬はなるべく飲みたくないと考えていました。しかし今は飲んでいて安定が保てるなら飲めばいいじゃないかという考えです。自分の精神的な安定が一番です。

検査入院でつらかったこと

私は一週間検査入院をして、他の身体的な病気もないか徹底的に検査してもらいました。中でも一番つらかったのがルンバール(腰椎穿刺)という髄液検査です。

自己免疫性脳炎の可能性もあるということで、腰に針を刺し、髄液を抜き取る検査を受けたのですがこの時に腰椎穿刺後頭痛の後遺症が出てしまいました。もう、とにかく頭が今まで経験したことがないくらい痛かったです。一週間くらい苦しみました。

腰椎穿刺についてはこちら(外部リンクに飛びます)

しかし、これは私の場合受けた検査で、誰もがルンバールを受けなければいけないかと言われたらそうではないと思います。なので、少しでも発達障害か疑わしいと思ったら検査に行くことをおすすめします。

私は一週間の検査入院で発達障害が判明しましたが、最近では街の精神科病院でも診断可能です。ネットで「発達障害 病院 地名」で検索すると数件ヒットすると思います。

病院選びのポイント

病院選びで気を付けたいのが、大人の発達障害に詳しいお医者さんと、子どもの発達障害に詳しいお医者さんは違うということです。

私の地域だけなのかもしれませんが、発達障害でヒットした病院でも子どもの発達障害専門病院だったというケースも少なくありません。

また、精神障害で検査すると認知症専門の病院がヒットすることもあります。各病院のホームページなどを細かく調べてから行くようにしてくださいね。

ちなみに私は自分の状態をある程度管理できるため、家から通える距離の子どもの発達障害メインの病院に通っています。お医者さんとの相性もあるので、自立支援をお願いする場合、役所等に届出を出す前に色々な病院に行ってみるのがいいと思います。

検査だけほかの病院でお願いすることもできる

私は検査入院をした大学病院と、今通っている病院は別の場所です。

検査だけお願いできる場合もあるので、私は家から少し離れている大学病院で検査してもらい、その結果を持って近所の病院に行きました。もちろんそこでも改めて問診があったのですが、そういった方法もあるので、近くに大きな病院がないという人も安心してください。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。少しでも自分の困りごとの原因がつかめる人が増えますように。それではタカツキでした。

 

タカツキミドリYouTubeも気が向けば見ていってください。

→YouTube動画に飛びます

関連記事:一人でできるwebライターという仕事