自閉症スペクトラム【病まないコツを身近な人から学んでみた】文字起こし

こんにちはタカツキです。

今回は、

自閉症スペクトラム【病まないコツを身近な人から学んでみた】の動画の文字起こしを載せていきたいと思います。

YouTube動画はこちらから。→https://www.youtube.com/watch?v=UVKv5gCU-p4&t=6s

 

私は発達障害の一種、自閉症スペクトラムを持っています。

発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のかたよりによる障害です。得意・不得意の凸凹(でこぼこ)と、その人が過ごす環境や周囲の人とのかかわりのミスマッチから、社会生活に困難が発生します。発達障害は外見からは分かりにくく、その症状や困りごとは十人十色です。
引用元:リタリコ発達ナビ https://junior.litalico.jp/about/hattatsu/

今回は私の周りの人たちから教えてもらった「病まないコツ」をご紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

これはあくまでも私の周りの人たちが実践している「病まないコツ」をご紹介する動画であり、私自身が全部完璧にできているというわけではありません。

ですが身近な人の意見を参考にすることによって、少しでも自身の心の健康に生かせられたらなという思いで、この動画をつくっています。

 

私が今回話を聞いた周りの人とは、幼馴染の友達、お付き合いしている彼、そして母親の三人です。

 

不思議なことに三人ともニコニコほんわか優しく、かつ自分の意見を持っているタイプです。私自身がキリキリしてしまう性格なので優しくてマイペースな人じゃないと仲良くならないという可能性もありますけど。

 

この三人の共通点をまとめると

「考えても仕方がないことは考えない」だと思いました。

 

私はよく眠る前に明日のことばかりか、将来のもっとずっと先のことを考えて不安で眠れなくなるときがあります。

お付き合いしている人に話を聞くと

「明日のことは明日の自分に任せて寝ます。」と言っていました。「明日の自分ざまーみろ」と言って眠るそうです。

 

そして幼馴染の友人に眠る前に何を考えているか聞いたところ

好きな小説の続きや、こうだったらいいのになあという希望や理想を考えている」とのことでした。

ちなみに二人ともいままで不眠で悩んだことがほぼないそうです。

 

多分生まれつきの性格や性質が違うからこの考え方をいきなり私が全部真似するのは難しいと思います。

でも思考の持って生き方はすごく参考になるなと思いました。

 

母に話を聞くと「そんなに先のことを考えてもしゃーないやん」とバッサリ言われます。

 

私はそんなことわかっていても悩んで考えてしまうタチです。

でも思考というのはもとの性格の要素より、クセで作られる要素の方が大きいものだと思います。

そうでなければ心理学の認知療法が成立するはずがないですし。

 

そう考えると「病みにくい人」の考え方を参考にして自分に刷り込んでいくのは、無駄じゃない行動だと思いました。

 

私はせっかくいいお手本が身近にたくさんいるので、これからも良いと思うところは真似して取り入れて実践していきたいと思います。

では最後まで見ていただきありがとうございました。

 

タカツキミドリチャンネル登録はこちらから

関連記事:自閉症スペクトラム【障害者雇用での仕事決まりました】お願いした配慮の内容など